女性特有の病気、ポケット辞典です。 おかしいな・・・と思ったら、早めに検査 しましょう。
ご覧頂き、ありがとうございます
スポンサード リンク■
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気は誰にとっても嫌なものですが、特に女性の場合、女性特有の
ガンが一番脅威に感じられるのではないでしょうか?

女性特有のガンには、次のようなものがあります。

1. 子宮ガン
2. 乳ガン
3. 卵巣ガン

まず大切なのは、早期発見を心掛けるということです。
定期的にクリニックへ行き、何でも相談できるお医者さまと信頼関係を
築いておくことが大切ですね。

忙しくてクリニックに定期的に行けない方には、
女性特有の病気も、自宅で簡単に検査できる遠隔検診をおススメします。

と同時に、万一これらの病気にかかった時のことも頭に入れておきましょう。

こういった女性特有の病気に対応してくれる保険に入っておくと
便利です。
病気にかからなかった時は、ボーナスとしてお小遣いが受け取れます。
少額の掛け金のものでいいので、必ず入っておきましょう。

私の友人は、病気にかかったとき、保険に入っていなかったので
苦労しました。そういったことのないように、病気にかかった時、安心して
治療に専念できるように、お金のことはきちんと管理しておきましょう。

 

スポンサーサイト
私の周りで、再び朝食を抜くダイエットが流行っています。

やり方はカンタンで、ただ、毎日の朝食を抜くというものです。

プチ断食のようなものですね。

こうすることによって、モチリンという物質が体内に発生して、
そのモチリンがダイエットに効果的なのだとか。

ポイントは、前日の夕食を早めに摂り、食べない時間を長くすると
より、効果的です。

もし、どうしてもお腹がすいてしまう人は、にんじんジュースを取ると
いいでしょう。

にんじんジュースの作り方もとても簡単。にんじん1本とりんご1個
を、まるまるジューサーにかけて飲むだけです。

にんじん2本という説もあるのですが、私はそれだとお腹いっぱいに
なりすぎてしまうので、1本で充分だと思います。

一ヶ月で2~3kgやせる友人が続出。

本当にそれほどカンタンです。しかも、お金もかかりませんしね。

この病気は、腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石ができる病気です。
膀胱炎等と同じく、女性に多い病気です。

結石は尿に含まれるカルシウム、リン、尿酸などが結晶したもので
形や大きさはさまざまです。発生の原因は不明ですが、できやすい
体質があり、再発しやすいともいわれています。
また、動物性タンパク質の摂り過ぎによる尿酸の増加、
薬物の副作用、カルシウム代謝に異常があった場合などさまざまな
要因が考えられます。

症状は、

1. わき腹から下腹部に痛みがある(痛みは結石のつまる場所による)
2. 血尿

大きさが2~3mm以下で滑らかな形の結石であれば、尿管を下りてきて、
膀胱、尿道口をへて自然に排出される可能性があります。
この場合は尿管を弛緩させる薬剤を用いたり、水分を多く摂って
尿を増やすなどして排出を促します。それでも排出されない場合や
自然排出不可能な大きさ・形の結石には、X線や超音波で結石の位置を
確認し、体外から衝撃波を与え、結石を小さく砕く治療などを行います。

病気が気になる忙しい現代人には、『遠隔人間ドック』がお勧めです。

【この病気の原因】

この病気の症が慢性の湿疹だとすると、症状としては慢性のかぶれ
と同じということになります。しかし、病気の成り立ちを考えると単なる
かぶれとはいえないことがわかります。すなわち、アレルギー性の
かぶれはT細胞が主役の遅延型アレルギーであったのに、
アトピー性皮膚炎の7~8割の方ではIgE(免疫グロブリンE)という
抗体が高いという特徴があります。IgEが関係するアレルギー反応は、
肥満細胞とともに即時型アレルギー反応の主役です。皮膚における
即時型アレルギーの反応はじんま疹として表現されるはずですが、
アトピー性皮膚炎の症状はじんま疹の症状とは明らかに異なります。
アトピー性皮膚炎においては、じんま疹ではなく、かぶれと同様の
症状を示しながら、即時型アレルギーと関連する検査値異常を示す
ところに大きな矛盾があったわけです。アトピーという言葉は「奇妙な」
という意味ですが、この点でいえば確かに奇妙だったかもしれません。
ただ、現在では、この矛盾は徐々に説明がつくようになり、
アトピー性皮膚炎におけるアレルギー性炎症は、即時型と
遅延型アレルギーの両者が入り混じった反応として起こっていると
考えられています。


この病気には、アレルギー的側面以外にもう1つ重要な側面があります。
それは、皮膚のバリア機能の低下という側面です。これは、
皮膚の乾燥という症状と関係しているものです。皮膚の一番上には
角質層という薄い膜がありますが、この膜のおかげでわれわれは
内側の水分を保ち、外からの刺激にも耐えられるわけで、
この膜がなければ生命の維持は困難なくらい重要なものです。
角質層の中でバリア機能に重要なのはセラミドという脂質ですが、
アトピー性皮膚炎の方の角質層ではセラミドが減っていて、
バリア機能が落ちていることがわかっています。したがって、
アレルギー炎症の前に、むしろこのバリア機能の低下が根本問題で、
その結果、通常は入ってこない物質が入ってくるから異常な
アレルギー炎症が生じるという考え方もできます。現在のところどちらが
原因か結果かはまだわかりませんが、これはアトピー性皮膚炎における
遺伝的な原因は、IgEを産生しやすいからなのか、セラミドが少ないから
なのかという根本的な問題にもつながってきます。

【この病気の症状】

普通は幼小児期に症状がでてきて、その症状は年齢とともに
変化していきます。
乳幼児期には顔面、頭部などにジュクジュクした湿疹を生じますが、
学童期には肘、膝の裏などを中心にカサカサした湿疹がみられるように
なります。かゆみも強く、引っ掻き傷がたくさんみられます。
合併症として、IgEが病気に関係する他のアトピー性疾患、
すなわち喘息やアレルギー性鼻炎を伴うこともあります。また、
皮膚のバリア機能低下の結果、とびひ、みずいぼ、単純ヘルペス)など
様々な皮膚の感染症がみられます。眼の合併症も重要で、
眼のまわりの湿疹を繰り返し叩いたり擦ったりする刺激により、
網膜剥離や白内障が生じます。


病気が気になる忙しい現代人には、『遠隔人間ドック』がお勧めです。


日本の花粉症人口は、約20%だそうです。つまり、5人に1人が花粉症
花粉症は、杉やヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・
鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに
分類されます。

【通年性アレルギー性鼻炎】

アレルゲンが一年中なら、症状も一年中(通年)あります。
主なアレルゲンは、ダニ、家のほこり(ハウスダスト等)、ゴキブリ等の
昆虫やペットの毛・フケなど。

喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

【季節性アレルギー性鼻炎】

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。

日本では、約60種類の植物により花粉症を引き起こすと
報告されています。
主なアレルゲン:スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、
シラカバなど。

鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血等)を伴う
場合が多く、その他喉のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じ
等の症状が現れることがあります。
(さらに、白樺、ハンノキ、イネ科花粉症等の人が、ある果物や野菜を
を食べると、口の中が痒くなり、腫れたり「口腔アレルギー症候群」という
症状もあります。
通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉
に反応する人も増えており、ほぼ一年中、くしゃみ、鼻水等に悩まされる
人も少なくありません。

(1)私たちの体は、花粉という異物(アレルゲン)が侵入するとまず、
  それを受け入れるかどうかを考えます。
(2)排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質を作る
  仕組みをもっています。この物質を「IgE抗体」と呼びます。
(3)抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻の粘膜にある
  肥満細胞の表面にある抗体と結合します。
(4)その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、
  花粉をできる限り体外に放り出そうとします。

そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水で洗い流す、鼻づまりで中に
入れないよう防御するなどの症状がでてくるのです。

ちなみに私も花粉症です。アレルゲンは、杉、ブタクサ、ハウスダスト。
でもやはり特にひどいのが杉花粉です。ですから、春が一番辛いです。
季節的には気候もいいし、とても気持ちがいいのに・・・残念。

病気が気になる忙しい現代人には、『遠隔人間ドック』がお勧めです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。